トップページ > お手入れテクニック|取扱い絵表示
取扱い絵表示

制服の裏にある絵表示のタグ(ケアラベル)を確認してみましょう。この洗濯表示を見ればおうちで洗えるかドライクリーニングに出すべきかがわかります。洗濯する前に必ずチェックしてね。

洗濯処理 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
液温は、40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
液温は、30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。
液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。
洗濯処理はできない。
漂白処理 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない。
アイロン仕上げ 底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。
アイロン仕上げ処理はできない。
タンブル乾燥処理 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。 高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃
洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。 低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
自然乾燥処理 つり干し乾燥がよい。
日陰でのぬれつり干し乾燥がよい。
ぬれ平干し乾燥がよい。
ドライクリ|ニング パークロロエチレン及び記号Ⓕの欄に規定の溶剤でのドライクリーニング処理a)ができる。通常の処理。
石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理a)ができる。弱い処理。
ドライクリーニング処理ができない。
付記例

記号の下の一本線は、下線のない同じ記号で示される処理よりも弱い処理を表す。

記号の下の一本線は、下線のない同じ記号で示される処理よりも弱い処理を表す。