トップページ > お手入れテクニック|お手入れ・収納方法
お手入れ・収納方法

●脱いだ制服はハンガーへ 制服はイスの上に掛けっぱなし、ベッドの上に放りっぱなしにしていませんか?脱いだらキチンとハンガーに掛けて型崩れを予防しましょう。その際、ポケットの中も空っぽに。ハンガーは肩に厚みのあるしっかりしたものを選びましょう。

●ブラッシングでキレイを維持 1日着用した制服は、ホコリをたっぷり吸い込んでいます。服地の目に沿って上から下へ軽くブラッシングすれば、ホコリが落ち、毛並みもキレイに整います。ブラシは布地を傷めにくい柔らかい豚毛のものをおススメします。

●雨はオシャレの大敵! 雨に濡れたまま放っておくと、型崩れやカビなどの原因になることも。タオルで軽くたたくようにして水気を切り、ハンガーにかけて風をあてるか、少し離してドライヤーの冷風で乾かしましょう。

●気になるテカリ防止方法 長時間、座り続けてたり、当て布をしないでアイロンをかけたところは、繊維がペッタンコに寝てしまい、テカリの原因になります。ひどくなると繊維が弱って元にもどらなくなるので、早めのお手入れが大切です。
1)硬めの歯ブラシで繊維を起こすようにやさしくブラッシングします。
2)当て布をしてスチームアイロンをかけます。この時、少し浮かし気味にして当てると効果的。

●きれいなプリーツを維持 簡単には取れないプリーツ加工が施されていますが、時々アイロンをかけてあげると新品のようなはっきりプリーツが復活します。きっちり当て布をしてスチームアイロンしてね。

●シーズンオフの収納方法 気がつかない目に見えない汚れが、予想しないカビや虫食いの原因になります。冬服から夏服へ着替えるときなど、長期間、制服を着なくなる時は必ず一度洗濯してからしまいましょう。防虫剤と一緒にしまう場合、防虫剤は1種類だけに。