トップページ > お手入れテクニック|洗濯について
洗濯について

●洗濯の準備 ●制服はできるだけ、制服だけで洗いましょう。肌着などと一緒に洗うと脱落した綿の繊維が制服についてしまうことがあります。
●ウール混紡素材の場合、必ず30度以下の新しいお水で洗いましょう。お風呂の残り湯などは使わないでください。温度が高いとウールが縮んで、型崩れの原因になります。
●ポケットの中のものは取り出し、ファスナーは閉めておきます。
●ネットに入れる場合は、必ず大きめのものを使用して下さい。襟や袖口など汚れたところが表に出るようにたたんで、ネットに入れます。

●洗濯機で洗う ●「手洗いコース」「ウールコース」などその洗濯機に合ったコースを選択。
●脱水が終わったら、すぐに取り出して両手で挟むように軽くたたいて、シワを伸ばして形を整えます。
●ハンガーにかけて、よく形を整え風通しの良い日陰で吊り干しにしましょう。

●アイロンの掛け方 乾いたら、あて布をしてスチームアイロンで軽く仕上げると、よりキレイに仕上がります。

●お店に行く前に ●ポケットの中のものは必ず出しておきましょう。
●外れかけているボタンなどがないか事前にチェックして補修しておきましょう。

●お店に行ったら ●目立った汚れがあるときは、その原因と箇所をきちんと伝えましょう。
●ドライクリーニングだけでは、汗汚れなどの水溶性の汚れは落ちません。制服を長時間着なくなるシーズンオフの洗濯時にはドライに加えてウェット洗濯をするWクリーニングをお勧めします。
(Wクリーニングについては、最寄りのクリーニング店にお尋ねください)