トップページ > お手入れテクニック|体操服の取扱い
体操服の取扱い
  • 綿衣類の濃色ものは色落ちがあるので、特に洗濯3回ぐらいまで他の衣類とは別に単独で洗いましょう。
    洗濯した後、濡れたまま放置すると他の衣類に色が移る場合がありますので、長時間放置しないでください。
  • 綿100%、ポリエステル・綿の混紡ともに乾燥機の使用で縮んでしまいます。ニット製品には乾燥機を使用しないように心がけましょう。
  • 綿衣類で、汗と皮脂が特に落ちにくい汚れと言われています。特に白い衣類は徐々に黄ばみます。カビや臭いの原因にもなりますので、汗汚れがついた状態で長時間放置するのは避けましょう。
  • 漂白剤の注意書きと衣類の取扱い表示を十分確認してください。
    「酸素系漂白剤」の使用をお勧めします。漂白剤は衣類に直接かけないで、30℃以下の水によく溶かしてから30分〜2時間のつけ置きををします。これ以上の長時間つけ置きはしないでください。
  • 摩擦防融加工のものであっても、洗濯の度にその抗力は落ちていきます。体育館ですべった場合の摩擦熱は瞬間的に400〜500℃にもなり、ポリエステルが溶けて穴あきの原因になります。
  • 漂白剤使用で長時間つけ置きしたり、汗汚れがひどい状態で長時間放置すると生地が傷みやすくなります。
    また摩擦が多い部分は薄くなってしまいますので、お気を付け下さい。
  • 引手を持たずに服を引っ張ってファスナーを開くと壊れる原因に。引手をちゃんと持ってファスナーを下げましょう。完全にファスナーを開かず、着脱することも壊れる原因になります。
    また、洗濯機や乾燥機ご利用の際は、ファスナーを必ず閉じましょう。
  • 乾燥機や洗濯機によって毛玉ができるのは避けられません。洗濯機で頻繁に洗濯すると衣類は傷むので、洗濯ネットに入れて弱水流にするなどの洗濯方法を工夫してください。